完成!デニムブルゾン作っちゃった☆

むふふ( *´艸`)


でーきちゃった できちゃった♪


アツアツの毎日ですが

秋服、第1号です!


ここ数日、暑さにやられてブログの更新が滞っておりました

ご訪問下さった方がいらっしゃいましたら、すみませんでした( ;∀;)



さてさて

暑さにやられていたクセに

さらに暑苦しいものを生み出しておりました。



これ、平置きよりもトルソーに着せた方がシルエットが分かりやすいので


じゃじゃじゃーん


コンパクトー!

これ、めっちゃいい感じのコンパクトジャケットができました。


もう何回もご紹介してるんですが

パターンは


(スピッツの『フェイクファー』の表紙みたいな光加減。あのアルバム大好き。関係ない話をしなさんな。)




海外竜也さんの『スイートドレス・レシピ』に載っている

ファンシーブルゾンです。

これを作者の海外さんに失礼なくらいにアレンジ。


まず、リブ。


このボリュームのあるリブかわいいんですが

「編む」って書いてて


「え?編む・・・・・・・?」って状態でした。


わたくし、編み物は憧れているくせに手を出せておりません。

さらに今回は急いでいたので


大塚屋で買ったリブで代用。

(作者の方のこだわりを大きく省略したようで、なんだか申し訳ない。)



気になる裏地は・・

リバティのストロベリーシーフにしちゃいました。


最近柄物ばかり着ているからか

無地恐怖症みたいになってて、どこかに柄を求める傾向にある様子。


リバティはわりと滑りが良い方なんですが

お袖部分はそれでも引っかかりが気になりそうだったので。


全く可愛げのない、黒の裏地にしました。

一応シーズン的には春と秋を想定しているので暑すぎないように

夏用のサラリとした裏地。




閉めるとさらにコンパクト!

ブルゾンであるからには開けて着た時もコンパクトであって欲しかったので

お手本はボタンなのですが、ファスナーにしました。


これによって打ち合わせ分の身幅が狭くなるので

開けた時もスッキリ。



レザージャケットの似合わぬ女、moipon。


レザーのようにハードすぎないけどシュッとしてて

甘いお洋服をいい感じにカジュアルダウンしてくれるアウターが欲しかった!


ほんとまさにコレ!



はぁー♡

うれしい。



今日もご訪問ありがとうございました!

また遊びに来てねー♪



ほとんどmerci!paris〜シネマファッションに夢中♬な私の洋裁ブログ〜

50年代60年代のシネマファッションに憧れる私の洋裁日記。