KANA’S STANDARDより後ろゴムのスカート作りました。

こんにちはー☆


本日もブログへのご訪問ありがとうございます!


今日は、先日作った後ろゴムのスカートについて書かせて頂きます。



ほんとはね、新作のブラウスについて書きたかったんですが


こちらのスカートについて載せそびれていたので、こっちから。



ネタは鮮度が重要ですからね。




はい、タイトルにありますとおり

佐藤かなさんの『KANA’S STANDARD』にある


このスカートです。



これを可愛い可愛い風船柄リバティで。



もうこの生地が取りあえず可愛いすぎて

製作途中も楽しい気持ちでいっぱいでした。



生地を見た瞬間からギャザースカート!と決まっていたのです。はい。


でね、普通にファスナー開きのあるギャザースカートにしようと思っていたのに

なんとなーく


作ったこと無いパターンでいきたい気分になりまして

ウエストゴムという血迷った選択をしてしまいました。



作ってる時はほんとに楽しくて


風船のように楽しい気持ちがどんどん膨らんでおりました。




なんですけれどもね・・・



いや、それほど大失敗!ってことはないんですけれどもね



正直・・ウエストゴムは微妙やなってなりました。



前から見たらゴムっぽくないんでいいんですが

※画像暗くてすみません。雨が降っておりました。



なんというか


当たり前なんですが後ろがゴムなんですよね。



で、私の寸胴な

かれこれいつから行方不明になったか分からぬようなウエストラインだと


後姿がけっこうマヌケになるのです。



もちろん、隠してしまえばわからないんですが

ブラウスなんかをインするのはちょっとためらわれる雰囲気。



最近はやりの前だけインっていうのも微妙でね。


慣れないからか

気づいたら後ろまできっちりとインしようとしている自分がいたりするんです。



なので、ニットなどを上からフワーンとかぶせて着たいなぁと思っています。



いえいえ、全然お気に入りじゃないってことはないんですよ。

生地が可愛いだけにね、100点にならなかったのが残念だったのです。



はい、着画


ゴムが見えなければかわいいの♡



あと、寒くなったらしたいコーディネート

靴が汚いの、ゆるしてね。


こういうコーディネイトすきだわー☆



あっ、あと

画像を出す順番がだいぶおかしいんですが

裏地は水色♪♪


あとね、このパターンなのですが

ウエストゴムだしーと思って調子に乗ってSサイズで作りました。


が、調子に乗ったにも関わらずユルユルなサイズ感になってしまいました。


なんでだろうか?


ソフトゴム(しかも指示を無視してゴム幅2.5㎝を使用)というのを使ったから

豪快なおヒップを通過する際に


ビョーンって伸びた?


という感じだったので、ギューンってゴムを引っ張って短くしました。



でもこれ、わたくしだけじゃないみたいで


インスタで

「わ、わ、わたしも大きくできました!」(こういうお申し出ありがたいです。)

という方や

「わたしは作ってませんが、友達が大きくできてました!」(お友達の情報まで!ありがたいです。)



という、コメントを頂いているので

ゴム通し口をミシンで閉じてしまう前に試着されるのがいいのかな?と思いました。




次は新作の『貴族ブラウス』について書かせて頂きますね~♪


また遊びに来てね(*´ω`)



ほとんどmerci!paris〜シネマファッションに夢中♬な私の洋裁ブログ〜

50年代60年代のシネマファッションに憧れる私の洋裁日記。