気だるく着たい、大人のカシュクールワンピースが出来ました。

こんばんは〜

今日も覗いて下さってありがとうございます!


このブログは洋裁ブログなのですが
半分はしょうもない話でできています。バファリンか。(半分と言えばみたいな登場、バファリンも飽きてるわ)


さてさて

タイトルにありますように

本日のメインは
カシュクールワンピース〜作者の願望仕立て、気だるい風〜

でございます。



ではさっそく

なんてない普通のカシュクールワンピースなんですが

途中で大幅なデザイン変更ありで
結構モタモタしてました。




今回の生地は大塚屋創業祭で4m購入した
600円/m?くらいの綿ローンです。


カシュクールって本に載ってる用尺が4mとか書いてありますよね。


うっそだー、もっと工夫した配置あるやろ

とか思ってたんですが

だいたい4m使いました。



さて、

最初に予定していたデザインは
身頃がタイトで上下分かれているタイプのワンピース。


が、なんとなく

生地が薄すぎてギャザーのボリュームがないスッキリデザインだと貧相になる雰囲気がプンプンしておりまして、、。


パターンから180度方向転換

上下続きの前後共にヨーク切り替えでギャザーをふんだんに寄せたデザインに。


背中もこんな感じでギャザーたっぷり。

最近思うんですが、ピッタリとしたサイズ感のワンピースにベルト(リボン)を巻くより

フンワリしたシルエットをベルトで締めた方が
ウエストが細く見える気がしています。(え?これはもうすでに常識?)

カシュクールって風が吹いた時のスカートベラーンが恐ろしいのですよ。


その対策として、どう説明して良いか分からぬ場所に紐を付けてあります。

なのでスカートを1枚めくった奥のスカートはめくれないようになっています。

あと胸元がはだけてしまって露出テロみたいな事になっても困るので
スナップボタン付けてあります。


全体
スカート丈が長めで下まで写ってないんですが

ふくらはぎの真ん中くらいまであります。


今回のテーマは
“タバコの似合う気だるい雰囲気の女”

タバコ吸えませんし
元気一杯なんですが

こんな感じです。


なかなか思った感じに(服だけ)なりました。


最近ね、ようやくパターンを引くことが面白くなってきました!


それまでは、なんとなくイヤイヤと言うか
しゃあなしと言うか

仕立てるためには必要やし、、

みたいなテンションやったんですが


今はもうどんどん色んなデザインを引いて仕立ててみたい!というやる気に満ちております。(そう長くは続くまい)


ということで、

次もオリジナルパターンで作ったワンピースをご紹介させてもらいますね。


○おやつ○
普通の蒸しパンやと思ったら

中にクリーム入っててめっちゃ美味しかった!

リトルマーメイドのモーモーミルク蒸しケーキ?とかやった気がします。


私が名前付けろって言われたら

“モーモー”ってなんか恥ずかしくて付けられへんな。



そんなんどうでも良いんですが

明日も買いに行こ。


今日も最後までお付き合い下さってありがとうございます(╹◡╹)

また遊びに来てね〜♬

ほとんどmerci!paris〜シネマファッションに夢中♬な私の洋裁ブログ〜

50年代60年代のシネマファッションに憧れる私の洋裁日記。