【完成】ちょっと大人っぽく履きたい、ひざ下20センチの赤いスカート。

お久しぶりです、こんにちは〜♬


来てくださってありがとうございます!

前回の記事から、2週間くらい空いてしまったのですが

その間わたくしは

風邪ひきいの

ちょっと治りいの

またぶり返しいの

治ったふりされえの

またぶり返しいの



と、男と女のラブゲームさながらの
駆け引きを繰り返しておりました。


風邪をひいて寝込んでる間(と言ってもソファで寝転んで本読んでるか、DVD観てるか、何か食べてるかしてましたけど)も

やっぱり脳みそは洋裁のことばっかり。



復帰第一弾は赤いスカートつくるぞー


と、決めてました!


で、作りました。
ホビーラホビーレの無地コットンで

ひざ下20センチのミモレ以上ロング以下なスカート。


スカーフの巻き方が適当すぎて

風呂敷しょった人みたい

という噂もありますが、見逃してあげて下さい。


パターンはいつものタックスカートの着丈をビョーンって伸ばしただけです。
(いつもって?→トラネコボンボンとかスワン柄のスカートとかモリススカートとか)



そもそも何で赤いスカートかと言いますと

赤が好きなのと

風邪の間にこの本を読み返してたから。
Mパターン研究所『買わないおしゃれ』

内容は全く関係なく表紙のスカートが目に焼き付いておりました。


夏の赤いスカートはリネンがいいよね。

と思ってたんですが、手持ちの赤リネンだとちょっと分厚くて重ーい雰囲気になりそうだったのでコットンになった次第でやんす。

赤ってエネルギーをバシバシ感じる特別な色ですよね。


赤いスカートにはやっぱり
まずは無難にボーダーかな。

この2着は高田裕子さんの『気分はマニッシュ』のエポーレットカットソー。
黒い方はお袖がレースです。(登場回数、おそらく最多)



スカート丈が長いので
去年作ったコンパクトなデニムブルゾンとも合いそう
このブルゾン、使い勝手が良くてめっちゃ好き〜♡(パターン:スイートドレスレシピのファンシーブルゾンを独自の製法で更に美味しく)


赤いスカートとデニムブルゾン

足元は素足に白いバレエシューズかな。

いや、スニーカーの方が今っぽい?いや、おじ靴?けどそれ持ってないねん。サンダルはまだ早いやんな?となるとスニーカーかぁ。スニーカーなぁ。そんな言うほど好きちゃうねんなぁ。(ええい、うるさい。もう何も履かんでよろしい)


そんな感じでお出かけの楽しみになる1着が増えました(^ν^)


◯今日のおやつ◯
香川県高松市のお菓子屋さん
“ラ・ファミーユ”

ここの焼き菓子、めっちゃおいしいです。



今日も最後までお付き合いくださってありがとうございます!

また遊びに来てね〜(╹◡╹)

ほとんどmerci!paris〜シネマファッションに夢中♬な私の洋裁ブログ〜

50年代60年代のシネマファッションに憧れる私の洋裁日記。