白と黄色の刺繍が春らしい、スプリングジャケット出来ました♬

こんにちは〜☺︎

今日も来てくださってありがとうございます!



さて、前回から書かせてもらっているジャケットが完成しました♬
これからの季節にぴったり

白と黄色のお花刺繍が素敵な生地で
母の還暦祝いジャケットを作りました。




うちの母、女優の岡江久美子さんが好きなんです。

以前《はなるまマーケット》という朝の情報番組が放送されていて(2014年に終わったみたい)

その司会を務める岡江さんファッションを毎朝楽しみにしてました。


「今日の岡江さん綺麗な色のカーディガンやと思えへん?」

「このブラウス、ほんとに岡江さんに似合ってるわぁ」

「お母さんも次は岡江さんみたいな髪型にしようかな」

などなど。

なかなかの甘口ファッション評論家。



なので今回も

あれ、こんなん還暦の人が着ても大丈夫?

ってなった時


いや、いけるな。岡江さんなら着てるな。

と言う事で自分自身を納得させて取り組みました。

裏地はレモンイエロー。

夏用の涼しそうな質感のものを付けました。


今回の残念ポイント
ボタンホールの後ろの処理がむちゃくちゃ。

刺繍がポロポロ解けて来て大変でした。

まぁ、見えないところなのでヨシとしよう。


【気になるパターンについて】
見頃とお袖のパターンは自作です。
(母の方が私より華奢なのでいつもよりコンパクト)

見頃は胸ダーツのみのボックスシルエット。
お袖は二枚袖の八分丈。


お襟は茅木真知子さんの『きれいにみえる服』に掲載されている

n.大きなお襟のコート

のお襟を移植しましたよ。




とまぁこんな感じで3日間プロジェクトとしては期限オーバーで失敗でしたが

120%母の喜びそうなジャケットができました(o^^o)




いつもこのブログを読みに来て下さっているみなさま、
インスタグラムに作品の感想やアドバイスを下さるみなさま、

ほんとにありがとうございます♡

特に今回のジャケットに関しては
みなさまに背中を押してもらえたなぁと感じでいます。




次回は次に作りたいワンピースについて書かせて頂きますよー☆

また遊びに来てね〜

ほとんどmerci!paris〜シネマファッションに夢中♬な私の洋裁ブログ〜

50年代60年代のシネマファッションに憧れる私の洋裁日記。