グレースケリーコートを着てグレースケリー展へ。

こんにちはー☺︎

本日も来てくださってありがとうございます!


梅田阪急百貨店で開催中の
グレースケリー展にさっそく行って来ました。

もちろん
このコートと共に♡


旅行とか食事とかお出かけとか
イベントに向けて服を作るって



めっちゃ楽しい。



もちろん、なんにも考えずに作って

完成品を眺めながら

「これ着てどこに行こうかなぁー」って想像するのも大好きなんですけれどもね。



でもイベントというかゴールが決まってると、

それを着てその場にいる自分を想像しながら作れるから尚たのし。


とか言いながらモタモタしてたんですけども。


まぁ良いのんができたんでヨシとしてやって下さいませ〜
クラッチバッグは完全に

写真のための小道具です。


スカーフ(祖母)もクラッチバッグ(母)も両方お下りのため

いい感じのヴィンテージ感が出ております。



さてさて

肝心のグレースケリー展なんですが

もうめっちゃ見応えありました!



初日から混んでる混んでると噂を聞いていたので

朝一に張り切って行ってみたら

結構空いてて、ゆっくりじっくり見ることができましたよ。


展示室の中は
写真撮影禁止。


わーん、残念!
と思いきや


ほとんどの作品は

ちゃーんとコレに載ってた。


なので写真撮らなきゃーっていうソワソワ感もなく

落ち着いて(いや興奮してましたけど)観れましたよ。



完璧なディオールの

コートとワンピースとお帽子のセットアップとか

シャネルのコートドレスとか。


(ブレてますけど)


どれも保存状態が良くて

ウエストは驚くほど細くて

ふぅーーーー♡とウットリでした。



もちろん
あの伝説のウェディングドレスも展示されていて

そこは人集りが凄かったです。


ただ、ライトの関係なのか

ヴィンテージレースの質感や
縫い付けられたパールなどが何となく安っぽく見えてしまい

これはレプリカ?という感じでした。
(そしたらほんまにレプリカだったと帰ってから知る。どんなけ見る目ないねん。)


まぁとにかく美しい仕立てのお洋服がズラーっと並ぶ様子は圧巻で

途中何度か涙ぐみながら展示室を3周しました。


この本には掲載されてないと思うんですが

クリーム色のシンプルなケープコートみたいなやつが1番好きで、

これはまた作らねば!と鼻息フガフガ。

(展示室の外から。係りの人の目線を感じながらも感じてないふりして撮影。)


あぁー、素晴らしかった。


期間中にあと1回くらい行こうかな。




この日は良いお洋服を見て

良い服を自分も作りたいー!という気分が上がっていたので


生地屋さんにそのまま行ってしまい

お買い物もちゃっかりして来ました。
(また最近買ったパターンとかと一緒に載せますね)



で、なんとなーく
美意識高くなったつもりやったんですが

その日のおやつはあんドーナツ。(これが現実)

油がジュワーンっていうのがすき。

そしてこの砂糖のジャリジャリがすき。

こんなん絶対食べへんかってんろなー。



今日も最後までお付き合い下さってありがとうございます!

また遊びに来てね〜(о´∀`о)

ほとんどmerci!paris〜シネマファッションに夢中♬な私の洋裁ブログ〜

50年代60年代のシネマファッションに憧れる私の洋裁日記。