ギリギリセーフ!グレースケリーをイメージしたコートができました。

間に合いました間に合いました!


去年の晩秋から何をモタモタやってたのか

気づいたら2017年になって

気づいたら節分終わってて


やばい、もう春が来るー!ってなったタイミングで

ジャカジャカジャーン!
(こう、ギターをかき鳴らす感じで)


完成♡


実は去年の9月ごろ

今年の2月にグレースケリー展がある事を知り

それならば、作ろうぞ。


と思い立って作り始めたグレースケリーをイメージしたコート。

着手は11月後半。


途中、エレガント過ぎによるマダム臭が気になってだいぶ放置しておりましたが

やっぱり完成すると好きな雰囲気でした(╹◡╹)


コートやジャケットとかって前合わせが終わったら

お袖がまだついて無くても
嬉しくて羽織ってしまうんです。


そしたらだいたいの服って変なチョッキみたいになるから

え、なにこれだっさ。ってなって


気持ちも
しゅーん。って一回しぼみます。


毎回ここでちょっとテンション下がるのに

形が気になって試しちゃうんですよねぇ。



この首根っこ(であってる?)の立ち上がりがエレガントでグレースポイント獲得。(何のポイントシステム)


見頃の形は去年の年末に作ったオードリーコートとほぼ同じパネルライン。
これですよ〜

このコートは実際の肩幅よりも内に入れて袖山を高くしてあるんですが

今回は正直な肩幅で。(肩幅に正直な服)

あと袖山も低め。


見頃もウエストの絞りを少なめにしてマニッシュな雰囲気を出しました。
(出てますでしょうか。マニッ臭)

ボタンだけ、当初の予定から変更して金ボタンにしました。正解。


いやぁほんと

グレースケリー展目指してたのに開催期間中に間に合わんかったらギャグやわ。と若干焦っておりました。


これで一安心♬


◯おやつ◯
お久しぶりの

シルベーヌ♬♬



今日も最後までお付き合い下さってありがとうございます!

また遊びに来てねー(*´◒`*)

ほとんどmerci!paris〜シネマファッションに夢中♬な私の洋裁ブログ〜

50年代60年代のシネマファッションに憧れる私の洋裁日記。